FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わいせつ物と表現の自由

 憲法において、表現の自由は次のように規定されています。

第21条
①集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
②検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。


 しかし、それ以前に次のような規定があって、表現の自由は無条件に保障されているわけではありません。

第12条
 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

第13条
 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。


 このように、「公共の福祉」に反する場合には、表現の自由も規制しうるのです。過去にチャタレイ裁判、サド裁判などがあり、わいせつ物頒布罪(刑法175条)の合憲性が争われたことがありますが、わいせつ物は公共の福祉に反するものとして、裁判所は合憲の判決を下しました。
 しかし、近年の憲法学においては、考え方が変わってきて、刑法175条は違憲であると主張する学者が多くなっているようです。
 近年の通説的な見解によれば、自由や権利といってもさまざまなものがあるので、一律には判断できず、それぞれの自由、権利の性質によってどこまでの規制が許されるかは変わってくるのであって、公共の福祉とは、人権相互の衝突対立を調整するための原理とみられています。
 人権相互の衝突対立を調整するとは、たとえば、わいせつ物を見たいという権利と見たくないという権利の衝突であり、それをいかに調整するかが問題だということです。
 そこで、「より制限的でない他の選びうる手段の基準(Less Restrictive Alternative)」という学説が主張されていますが、この説は、人権の制限は必要最小限でなければならないから、より制限的でない他の選びうる手段が他にある場合には、そちらによるべきであって、過剰な制限は違憲となるものです。この考え方によれば、ゾーニングを徹底すれば、わいせつ物は一律に禁止するべきではないという結論になります。

 そして、道徳と法律の関係について次のような学説があります。

(1)他者危害原理
 他人に危害を与える行為のみ、法的に禁止されるべきであるとする考え方。

(2)不快原理
 他者危害原理を拡大して、他者に不快感を与える場合も含ませる。

(3)法的モラリズム(リーガルモラリズム)
 法と道徳を一致させるべきだという考え方。

(4)法的パターナリズム
 本人の保護のためにその自由に干渉すること。シートベルト着用の義務づけ、薬物使用の禁止など。

 今日、法律学者では法的モラリズムを支持する者は少なくなりつつあるようです。自由主義の立場から、法的モラリズムは多数派からの道徳の押し付けと批判され、わいせつ物売買、売春、薬物使用など被害者なき犯罪の合法化が主張されます。
 道徳と宗教は密接な関係があり、「不道徳=犯罪」となれば、宗教の押し付けとなる場合もあり、信教の自由への侵害となる場合もあるでしょう。
 ただ、今日法的モラリズムは支持を失いつつあっても、同様の規制がパターナリズムを根拠として主張される場合があり、こちらはなおも有力な見解となっています。
 とはいえ、わいせつ物の場合は、わいせつ物が性犯罪を誘発するという可能性が高くなければ、未成年は別として、成人にパターナリズムからの規制を肯定するというのも難しいかもしれませんが。
 なお、これらの議論は学問上のものであって、実際に裁判となったら、裁判所は過去の判例を踏襲して保守的な判断をするかもしれませんが。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 二次元総合 エロゲーエロ漫画エロ小説など
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラッタ

Author:タラッタ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
12344位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゲーム
378位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。